HOME| |陶暦| |作品紹介| |メール



嘉豊陶苑(かほうとうえん)のホームページへようこそ!

当、嘉豊窯は京都、清水寺のすぐ近く、五条坂にあります。
野々村仁清や尾形乾山らが作りあげた清水焼の伝統を守りつつ、現代にもマッチした陶器作りに励んでおります。

嘉豊窯の製品は、全て土物です。土物は扱いにくいと言われますが、やわらかさ、あたたかさ、そして使い込んだ時の、風合いの良さなどを好まれる方もたくさんいらっしゃいます。

有名料理店でも、多数ご使用いただいております嘉豊窯の製品を、ぜひお使いください。


会社概要
明治35年
屋号を、丸芳として大塚孫次郎が、京都五条坂に創業以来、嘉豊の刻印を使用する。
昭和5年

二代目、大塚浅次郎が、大塚製陶所とし、継承する。

昭和34年
三代目、大塚磯勝が有限会社嘉豊陶苑と、法人化し代表取締役社長となる。
平成2年
四代目として、坂口進が、代表取締役社長に就任し、現在に至る。


TOPへ戻る
2004 kahoutouen all rights reserved.